FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背中を押されるように

北海道は焼尻島という離島に、八方手を尽くしてもどうにも医者を派遣できない。
道庁保健福祉部技監という高級職にあった貞本医師(当時54歳)は、
「自分が行くしかない」
と決断、降格赴任しました。
かつて小児麻痺を患い、それが医者を志す動機でもあった方でした。

雪の道を不自由な足で往診に出かける…

そんな話をあるTV番組で観たとき、人間ってこんなふうにも変われるんだなと、胸打たれました。

思いもしなかった道に、ある時背中を押されるように、きっかけをもらえる時が訪れ、進む…
自分にもまだそんな場面が来るかもと、その時のときめきを覚えています。

20180603.jpg

還暦を何年も過ぎた頃、私は背中を押され、どうにも無視できませんでした。
押されるままに歩み続けてきました。

右か左か道を選ぶとき、十年後の自分、死ぬ時、どちらを選んでよかったと思えるか、それを心に尋ね答えを出すと、ある本で読みました。

快苦や損得に惑わされない心を作ろう、と思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NPO法人ワーカーズふろむさやま

Author:NPO法人ワーカーズふろむさやま
「住み続けたい街は私たちの手で」をミッションとして、大阪狭山市を拠点に、高齢者の介護相談や介護への社会的理解を促す活動を進めるNPOです。

CalendArchive
タグ

社会保障費 平成30年度予算 レッスン カキラ 医療 高齢化 人口減少 人口将来見通し 国民皆保険制度 地域別報酬 介護保険 経営の大規模化 要介護認定 本心 哲学 思想 出会い 一次判定ソフト 2025年問題 介護担い手 見える化 寝たきり ケアマネジメントの質の向上 少子化 解剖学 利用者負担 2045年問題 AIケアプラン作成 年問題 

リンク
訪問してくださった方々
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。