FC2ブログ

本心

十二単衣のすべてを脱ぎ捨てた下に
隠されている かがやく姿
たくさんの言葉にも 流されることのない
冷たさに震える風鈴の ためらいのない音

20180531.jpg

人には、建前と本音があって、私を含めどなたも上手に使い分けておられるでしょう。

ずっと以前、ある方と出会ってから後、私は思ってきました。
建前と本音と、それからもう一つ、あるんじゃないかしら、と。

建前と本音は、いわば心や言葉の表と裏ですが、表でも裏でもない、、としか言いようのない、人の「本心」というのがあると、思ってきました。

本心は、私が好んで使うことの多い「願い」や「使命」が湧き出る源。
人は何のために生れきて、何のために生き、死んでいくのか。
人生を振り返り、歩いてきた道のりを見つめ、先に繋がる道すじを思うとき、心の奥をたどると、自ずと見え、聞こえてくる、本当のおもい。 

本心
一回だけの大切な人生、残された大切な時間を、本心で語れる時をたくさん持ちたいと思います。

出会う多くの方々に、叶うならご自分の本心と出会ってほしい…
そしてその声を私はお聴きしたい、そう願っています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NPO法人ワーカーズふろむさやま

Author:NPO法人ワーカーズふろむさやま
「住み続けたい街は私たちの手で」をミッションとして、大阪狭山市を拠点に、高齢者の介護相談や介護への社会的理解を促す活動を進めるNPOです。

CalendArchive
リンク
訪問してくださった方々
最新記事