FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公文書情報公開請求のその後進み具合

2月13日に大阪狭山市情報公開担当の方にお話をし、公開請求内容担当課の方と面談、それから3週間。
ようやく
3月2日(金) 大阪狭山市に公開請求申請書を提出。

その後
3月6日(火) 河内長野市(電子申請)

3月7日(水) 富田林市・河南町・太子町・千早赤阪村

上記日程で申請。

3月8日(木) 河内長野市担当課から電話連絡、詳細を説明。

3月9日(金) 河南町情報公開担当から電話連絡。
申請書類がここは町民と町民以外の請求用紙が違い、私が提出した申請書は町民対象のものだったようで、差し替えることを指示され、同時に担当課に詳細も説明。

3月16日(金) 大阪狭山市、河内長野市からそれぞれ連絡があり、、月曜日に公開請求書類をいただけることに。

3月17日(土) 河南町に差し替えの申請書を再度提出。

3月19日(月) 大阪狭山市、河内長野市から必要な書類が提供。

大阪狭山市H300315
大阪狭山市公文書公開決定通知書


河内長野市H300316
河内長野市行政文書開示決定通知書

費用は、大阪狭山市片面コピー20枚、コピー代200円。
河内長野市は市民以外なので請求にかかる手数料200円と両面コピー10枚、コピー代は片面ずつの計算で大阪狭山市同様の200円。

今日現在において、河南町を除く他の富田林市・太子町・千早赤阪村からは音沙汰なし。

どの市町村も申請後概ね15日以内に公開するかどうかの決定通知が発行されることになっているため、今週中には3市町村から何らかの連絡があるに違いない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NPO法人ワーカーズふろむさやま

Author:NPO法人ワーカーズふろむさやま
「住み続けたい街は私たちの手で」をミッションとして、大阪狭山市を拠点に、高齢者の介護相談や介護への社会的理解を促す活動を進めるNPOです。

CalendArchive
タグ

社会保障費 平成30年度予算 レッスン カキラ 医療 高齢化 人口減少 人口将来見通し 国民皆保険制度 地域別報酬 介護保険 経営の大規模化 要介護認定 本心 哲学 思想 出会い 一次判定ソフト 2025年問題 介護担い手 見える化 寝たきり ケアマネジメントの質の向上 少子化 解剖学 利用者負担 2045年問題 AIケアプラン作成 年問題 

リンク
訪問してくださった方々
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。