FC2ブログ

Nさん、もうすぐ95歳です。

Nさんは、この春95歳。

昨年12月初めにお家で転倒、左股関節を骨折。

入院、リハビリ転院と、つい最近ご自宅に復帰されました。

一昨年も何度かの転倒骨折で入院、退院を繰り返され(つД`)ノ


認知症状の進行とともに、近くに住む娘さんが引き取り数年前同居。
娘さんのご主人も病弱で、2人の介護を娘さんが一手に引き受けてきました。


大正生まれの方のたくましさには本当に驚きます。

病院ではほとんど歩けなかったのが、ご自宅に帰るや、ちょっと目を離したすきにベッドから降りて、ふすま伝いにトイレに行こうとされていたそうです。

車いすに座っておられるNさんは、穏やかに見えますが、
認知症状は少しずつ進み、なかなか目を離せません。

週3~4回デイに通い、入浴やレクリェーションを楽しんでおられます。

デイから帰ると、どこへ行ってきたのか忘れ、何をしてきたのかも忘れ

でも、その時々を楽しく過ごされた記憶は残っておられるようです。

20180315.jpg


娘さんももう60台後半

あっけらかんとしたご性格で(と映るだけかもしれません)

声も大きくなったり、でも笑い飛ばして…

あまり深刻には考えないようされているのがよくわかります。

辛すぎる状態になれば、ショートステイをこれまでも利用されてきました。
つかの間の休息は、大切ですよね。

( ^o^)<ンンンンンンンンンンンンンンンww

とりあえず少し暖かくなってきたし

これからも、なんとかかんとかの毎日が、続きます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NPO法人ワーカーズふろむさやま

Author:NPO法人ワーカーズふろむさやま
「住み続けたい街は私たちの手で」をミッションとして、大阪狭山市を拠点に、高齢者の介護相談や介護への社会的理解を促す活動を進めるNPOです。

CalendArchive
リンク
訪問してくださった方々
最新記事