FC2ブログ

3市2町1村の情報公開請求書

6日のブログで触れましたが、今回の情報公開請求は、南河内3市2町1村に申請しています。

それぞれ若干の請求申請書の記載内容が違っています。

大阪狭山市の場合

タイトル名「大阪狭山市公文書公開請求書
大阪狭山市公文書公開請求書

河内長野市の場合

タイトル名「河内長野市行政文書開示請求書
河内長野市行政文書開示請求書

河内長野市では簡易な電子申請もできます。
私は、電子申請し、即受理の返信が来ています。

富田林市の場合

タイトル名「富田林市情報開示請求書
富田林市情報開示請求書

太子町の場合

タイトル名「太子町情報公開請求書
太子町情報公開請求書


ここまでの市や町と、以下の町村とでは記載内容の違いがあります。

河南町の場合

タイトル名「河南町公文書公開申出書
河南町公文書公開申出書

河南町公文書公開請求書」
河南町公文書公開請求書

と2通りあります。

申出書と請求書とどう違うのかが不明で、担当課に問い合わせたところ、「請求者が町民の場合は申出書、それ以外は請求書で申請してください」とのことでした。

が、請求者の区分欄には、河南町住民あるいは事務所があるものなど以外の、河南町にはまったく利害関係のない者の請求区分欄がない、のです。

千早赤阪村の場合


タイトル名「千早赤阪村情報公開請求書
千早赤阪村情報公開請求書

当村の場合も請求者区分欄は村民等や村に利害のある関係者のみで、千早赤阪村住民等以外の利害を持たない者の請求区分はありませんでした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こうして、3市2町1村の公文書と言うか行政文書の情報開示請求を始めてやってみて、ちょっとした気づきもありました。

情報公開請求が一躍脚光を浴びたのは、もう20年前
議員や職員の給与報酬額が、まだそれほど注目されていなかった頃
情報公開請求をする市民や住民は、なんか色眼鏡で見られていた頃ですね。

隠されていた情報もあれば、別に隠されていないけど誰も関心を持たない情報も、あるわけです。
隠していたことを暴露し追及するのも道
隠されているわけではないけどあまり関心も持たれず、でもその情報がとても身近に大切なものであるかもしれない、
それを分かりやすく広く伝えるのも一つの道

思うのです。

ふと何かに疑問を持った住民が、その問題を紐解くために、情報の開示を求めれる時代、そして国に
私たちは住んでいるのです。
仕組みや権利は、大切に行使しないといけない。

ただ黙って楽しく生きていたら
私たちの国や時代は ホロブ





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NPO法人ワーカーズふろむさやま

Author:NPO法人ワーカーズふろむさやま
「住み続けたい街は私たちの手で」をミッションとして、大阪狭山市を拠点に、高齢者の介護相談や介護への社会的理解を促す活動を進めるNPOです。

CalendArchive
リンク
訪問してくださった方々
最新記事